埼玉の浮気調査・素行調査・行方調査・盗聴器発見はAG探偵社へ!
近隣トラブルからストーカー対策まで数々の実績があります。
全国24時間対応可

TEL

探偵業届出番号
埼玉県公安委員会(第43200024号)

上尾駅から徒歩3分!まずはご相談ください。

0120-661-334

探偵の哲学

ザ・探偵マニュアル!①尾行調査

探偵って何をするの?

普通の探偵と聞いてイメージするのはコナンくんやシャーロックホームズ、世代により金田一少年をイメージするかもしれない。

要は推理するのが探偵の仕事かと。

実は全く違うのである。

推理は事実を捻じ曲げてしまう事が多い。

実際に依頼を受け調査をするにあたって、推理で物事を進めてはならない。

ましては探偵が依頼者に推理した結果を報告するなんてことは100%あり得ない。

探偵の主な仕事は事実を調べる事。

つまり証拠を収集する事だ。

何を調べても証拠がないと事実として報告できない。

では証拠を集める為には何をするのか。

尾行に張込みに聞き込みと色々とあるが、

今回は尾行に焦点を当ててお話しさせてもらおう。

探偵は尾行に始まり尾行に終わる

私が探偵を志した時、師となる人物が一番最初に教えてくれた言葉だ。

ある意味で一番奥が深く、そして一番使う機会が多く、そして一番最初に覚える技術にして一番難しい技なのだ。

尾行とは調査対象者を追尾しながら行動を観察し、素行を調べ上げる基礎的な技術だ。

探偵じゃなくても尾行した事がある人はいるだろう。

尾行された事がある人は、そうそういないだろう。

基本的に尾行される人物とは、調査の対象になっていると言う事。

監視される様な心当たりがある人は中々いないと思う。

しかし、身近な例で想像してみて欲しい。

仕事や学校を嘘の理由で休んだりした場合、外回りの仕事中にサボって遊んでいる時、副業禁止の会社や機関に勤めながらUbereatsで小遣い稼ぎの副業をしている時、妻に内緒で別の女性と会っている時や夫に内緒で別の男性に会っている時。

こんな時を想像してみて欲しい。

知っている人に見られないよう、行動には細心の注意を払うはずだ。

探偵が尾行を行う対象人物とはこのような警戒体制のケースがほとんど。

浮気であったり、借金を返さず資産を隠している場合や人を騙して素性を隠している詐欺師など。

警戒心の高い対象者を尾行してこそプロの探偵だ。

では早速尾行を開始してみよう。

 

・人通りの少ない場所での尾行

テレビや漫画のイメージで道の端っこを壁に沿いながら電柱の影に隠れながら慎重について行く場面を想像する人もいるだろう。

プロの探偵は対象者と距離を空け普通に歩いてついて行く。もちろん対象者を凝視してはならない。視界の端に対象者を収める程度にして風景に溶け込みながら歩く。

尾行していると何らかの拍子に対象者が振り返る事がある。

振り返った時、電柱の影に人が隠れていたら強く印象に残ってしまう。

振り返った時、目が合ってしまったら顔を覚えられてしまう。

人とは不思議な事で一瞬でも目が合った人の顔は記憶する様に出来ている。

・人混みの中での尾行

人混みで尾行する際は対象者に接近する。すぐ真後ろを歩く時もある。

視線は対象者の足元を見る。靴を覚えておくことで見失ってもすぐに発見する事ができる場合がある。

振り返られても目が合うことがないよう気をつけること。

エスカレーターなどに乗る際は間に人を入れる。

振り替えられた際など真後ろは危険。

エレベーターなどは可能な限り一緒に乗らないよう注意。顔を覚えられてしまう。

新幹線などのチケットが無い改札を通ることになる事が確実になってきたら早歩きかダッシュが必要。それ以外は申し訳ないが社外秘としよう。

・対象車両を車で尾行

浮気調査に多い車両尾行。

すぐ後ろに車をつけてしまうとバックミラーですぐ覚えられてしまい長時間の追跡が困難になる。

昼間ともなるとミラー越しに顔まで覚えられてしまうので注意が必要。

必ず間に別の車を挟む事。

夜間はヘッドライトの形で覚えられてしまうのでタイミングを見てヘッドライトとフォグを入れ替える事で1台の車両で二役できる。

そして万一夜間の尾行で対象車両の間に一台も挟まない状態になってしまった場合、信号待ちなどで対象車両に近寄りすぎない事。近寄るとヘッドライトが対象車両から見て車両後部に隠れてしまいこちらの姿が丸わかりになってしまう。

少し距離を開けて止める事でヘッドライト光で目眩ししてこちらの姿を晒さないようにできる。

基本的に車両での尾行は運転手と助手の2名体制、車両数も最低2台以上用意したい。

そして失尾(見失う事)しても慌てずに落ち着いて、対象車両が向かう目的地を予測して探し出す事。

これらはごく基礎的な技術だ。しかも状況により基本を無視した尾行も行う。面が割れても問題無いよう調査員の数が確保出来てさえいれば接近戦を行い飲食店内での会話を記録しに近づくこともある。

気をつけて欲しいのがこれらの尾行を行う上で法に触れる事がないようにしなければならない。

敷地内への不法侵入、GPS機器の取り付け、信号無視や一時停止無視などで警察に捕まり調査が中断してしまっては元も子もない。

それともう一つ。

カメラやボイスレコーダーなど機材は目を瞑っていても片手で操作できるようにしておく事。

尾行中は暗闇の中で操作しなければならなかったり対象者から目を離せないシーンが沢山ある。

カメラを操作するために視線を外した瞬間に失尾してしまう。

警戒心の強い対象者も結構多いので気を緩めないよう気をつけて調査に当たる事。

『探偵は尾行に始まり尾行に終わる』

ここには書ききれないが尾行は奥が深い。

常に尾行の腕を磨く事が腕の良い探偵になる近道となる。

探偵が行うプロの浮気調査とは

・ザ・探偵マニュアル!①尾行調査

まずはご相談ください

  • ご相談の費用は発生いたしません。
  • 全国対応、秘密は厳守いたします。
  • 安心の料⾦設定!【お見積り無料】
全国無料

お電話での無料相談

0120-661-334

メールでの無料相談はこちら

上尾駅から徒歩3分!アクセスはこちら